日本があぶない!ガラスコーティングの乱
ホーム > 現金化 > 商品を購入することでできるショッピング枠の現金化

商品を購入することでできるショッピング枠の現金化

ショッピング枠と呼ばれる部分に商品を購入することができる範囲がクレジットカードでは決定します。 

これを存分に活かすのがクレジットカード現金化でしょう。カードで商品を購入することは全く難しいところがありませんから、それ自体を行うはスムーズにできます。

 

そのため、特に物販に慣れているというわけでなくても方法的にもそんなに難しくなく、利用しやすいというのがあります。

もちろん現金化できるように一連の流れを作っていくことは必要になりますから、ただ商品を購入するだけで終わりというわけにはいきません。

 

では商品的にはどのくらいの金額で行っていくべきなのでしょうか。まず変動率が大きい商品は購入段階と売る段階で値が開いてしまって大きく換金率を下げてしまうことがあります。また、販売を前提にした場合に諸費用のかかり過ぎる方法だと、せっかくの換金が上手くできず、23割程度のマイナスの換金率になる可能性すらあります。そこでできるだけ、価格が安定したものを利用するということが望ましいです。

 

一時的に購入することが前提であるため、あるリスクがあることも忘れてはいけません。それは商品を購入するという前提があるために一時的にそれが購入代金として請求されてしまうことです。現金化するためにはこれが売れることも同時に成立させなければいけません。

そのため、一つの商品に大きすぎる金額を使うのはあまりよくありません。この辺は換金率を考えて小分けするのがいいかもしれないです。